福岡の相続不動産に関する売却相談はエステートプラザ > 不動産売却コラム > 瑕疵担保責任

不動産売却コラム

瑕疵担保責任

「瑕疵(かし)」とはキズ、欠陥、そのものが本来もっている性能をもたない状態という意味です。 建物の例だと白蟻の害や雨漏り被害、給排水管の故障等が該当します。

通常、売主様が分かる範囲内で状況告知を行いますが、専門知識の無い一般の売主様・買主様が見ても建物の隠れた不具合を見つけるのは困難です。 仲介の場合、個人の売買契約だと引渡しから2~3ヶ月間は売主様が隠れた瑕疵に対して責任を負い、万が一隠れた瑕疵が見つかれば補修の請求や、瑕疵の程度によっては売買契約の白紙解除も考えらます。

当社が買取りを行う場合は、不動産のプロとして責任を持った現地調査でどの程度補修が必要かを判断したうえで瑕疵担保免責とすることが多いのですが、きちんと内容を伝えていただければ、売主様が直接補修をして引渡すよりも、提携工事業者の利用などにより補修額を抑えることも可能なので、その分売買金額にも影響してきます。

売主様に瑕疵担保責任を負わせるのではなく、リスクを想定した上で安心して売却ができる体制を整えていますので、古い戸建や木造アパートなど少しでも心配なことがあれば、買取りでの査定で安心して売却という方法を選ぶメリットも大きくなるのではないでしょうか。

買取実績100件以上!高額案件対応可能!最短1週間のスピード買取!
このページの先頭へ